院長挨拶

HOME < 院長挨拶

辻堂金沢内科クリニック院長の平林良樹と申します。


糖尿病はかつての結核に代わり今や国民病といわれるほど患者数が爆発的に増えております。予備軍をいれれば2000万のかたがこの病気に罹患していると考えられます。多くは生活習慣病として考えられますが、それとは関係ない1型糖尿病も一定程度存在します。1型の患者さんにはただちにインスリン注射による治療が必要になります。2型の場合は食事 運動療法だけでコントロールできる方 薬が必要なかた、インスリン注射が必要な方とまちまちです。適正な治療を受ければ、全く正常な日常生活を送ることができ天寿を全うできますが、治療が不十分だとさまざまな合併症により失明、壊疽による足切断、人工透析 あるいは心筋梗塞 脳梗塞をおこし悲惨な人生を送らなければなりません。また問題なのはかなりの方が糖尿病なのに全く治療をうけていないということです。しかしここ数年革新的な抗糖尿病薬が出現し治療成績は著しく向上しております。我々はこの疾患に個々の患者さんの病状にあった最適、最新の治療を行う方針でございます。


甲状腺疾患(バセドウ氏病 橋本病 腫瘍 等)はとてもありふれた病気ですが診断されていない無治療の患者さんが多数おられます。ぜひ気になるかたは来院してください。適切な診療が行われば決して悲観するような病気ではありません。睡眠時無呼吸症候群に関しても積極的に検査(PSG) 治療(CPAP)を行っております。


私は多くの時間を第一線の病院で勤務医として過ごし、糖尿病 肺結核 肺炎 高血圧 消化器病 腎臓病(人工透析担当)甲状腺疾患 男性更年期(男性ホルモン補充療法によるうつ状態、ならびに生活習慣病の改善) 等多数の患者を診療してきました。人間ドックでも多数のかたの健康管理をしてきました。またその傍ら母校の横浜市立大学第三内科で糖尿病 および肥満ラットの小腸からのブドウ糖吸収に関する研究で糖尿病ラットの小腸が肥厚し糖吸収が亢進していることならびに治療によりそれが改善できることを示し博士号を授与され横浜医学優秀論文賞をいただきました。


以上の経験を踏まえて地域の方々の健康を守るため全力を傾ける所存でございますのでよろしくお願いいたします。患者様の質問には丁寧に答え説明して納得していただいて治療するというのが私の方針です。


私は趣味でシンガーソングライターをしています。
以下のサイトで曲(オリジナル カバー)を視聴できます。
http://www.youtube.com/user/YOSHIKIJOHN

平林良樹 医学博士
辻堂金沢内科クリニック院長

略 歴

1975年 横浜市立大学医学部 卒業
1979年 横浜市立大学 第三内科 入局
1980年 横浜栄共済病院 内科 医員
1981年 横浜市立大学 第三内科 医務吏員
1984年 鶴見総合病院 内科 科長
1987年 藤沢湘南台病院 内科 医員
1988年 鈴木病院 内科 医員
  うしおだ総合病院附属クリニック 糖尿病外来兼任
2005年 鈴木病院 内科 医局長
2006年 浦舟金沢内科クリニック  院長

現 在

所属学会

平林院長による英語対応が可能です
The patients can consult Dr.Hirabayashi, the director of the clinic, in English smoothly and effectively.

このページの先頭へ戻る

診療時間

午前 9:00 - 12:30
午後 14:00 - 18:00
※土曜日診療時間(9時~13時)
休診:第1・3・5 火
   金・土午後・日・祝